So-net無料ブログ作成
検索選択

「辺野古周辺」政府方針に反対…社民・三役会議(読売新聞)

 社民党は24日、党首の福島消費者相らによる緊急の三役会議を国会内で開き、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先を米軍キャンプ・シュワブのある同県名護市辺野古周辺とする政府方針に反対する考えで一致した。

 移設案に関する日米共同文書の発表のほか、政府の対処方針を閣僚の署名が不要な「首相発言」で決定することにも反対することにしたが、連立政権の離脱は議題にしなかった。福島氏は25日に沖縄を訪問し、仲井真弘多知事や稲嶺進名護市長らと会談する。

 会議に先立ち、福島氏はさいたま市で記者団に、日米両政府が共同文書をまとめることについて、「地元の同意も連立政権の同意もなく、米国との交渉が先行して宣言まで出す直前になっていることは、手続きがおかしい」と批判した。

首相退陣要求強める=谷垣氏、総辞職か解散を―野党(時事通信)
刺し傷、心臓まで=殺人事件と断定―新潟県警(時事通信)
離島保全法が成立 沖ノ鳥島など、EEZ権益主張(産経新聞)
移植渡航、自粛求める WHO決議案採択、臓器売買禁止明記(産経新聞)
不正ケシ流通 神奈川県が判断ミス、謝罪(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。