So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<朝青龍関>暴行された男性は鼻骨折(毎日新聞)

小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は、事態の乗り切りに強気の姿勢を示している。事件では平成16年の土地購入の際の原資4億円にゼネコンからの裏献金が含まれているかが焦点。小沢氏側は「やましい点はなく、いつでも説明できる」と自信を持っており、捜査状況をにらみながら潔白を証明し、今後も政権の中枢で指導力を発揮していく考えだ。

 「毎度お騒がせしております小沢一郎でございます」。小沢氏は22日、札幌市内でのあいさつでこう切り出したが、事件には触れなかった。小沢氏は23日に東京地検特捜部の事情聴取に応じる見通しだが、双方の対決の構図はこれまで複雑な展開を見せてきた。

 小沢氏周辺は「事情聴取を拒否してきたわけではなく、特捜部には弁護士を通じて説明していたから、その必要はないと判断していただけ。どうしても必要だというなら拒まない」と、事情聴取に応じることになった経緯を説明する。

 小沢氏は、特捜部が鹿島や陸山会事務所などの家宅捜索を行った13日から、弁護団らと綿密に対応を協議していた。その最中の15日、小沢氏周辺によると、関係者が法務省側の意向として「土地購入の原資が政治資金収支報告書に記載されていなかった容疑で、石川知裕衆院議員を立件するが、事情聴取に応じてもらえれば裏献金問題の捜査は終結させたい」との趣旨を伝えてきたという。

 これを受け、小沢氏側は事情聴取に応じる日程などの調整に入った。しかし、その直後の15日夜、特捜部は石川容疑者ら3人の逮捕という強制捜査に踏み切った。法務省側が先に示した意向と異なる強硬手段がとられたわけで、小沢氏側の予定は狂い、新たな対応を迫られることになった。

 そこで小沢氏はまず、翌16日の民主党大会で「(検察の)このようなやり方は到底容認できない。自らの信念を通し、戦っていく決意だ」と表明、特捜部の捜査には屈しないとの強気の姿勢をアピールした。小沢氏は当初、周辺に原資の4億円の中身についても党大会で説明する意向を示したが、周辺が「捜査がひと段落し冷静な状況になってから説明した方が、国民にも理解してもらえる」といさめ、現時点では抽象的な説明にとどめているようだ。

 小沢氏の関係者によると、原資4億円は小沢氏や家族名義の預金を引き出し、自宅などに保管していたもので、証明する書類もそろっているという。裏献金については「ないのだから、ゼネコンを捜索しても出てくるはずがない」(同関係者)と余裕をみせる。小沢氏側に計1億円の裏献金を渡したという水谷建設元幹部の証言も「水谷建設は1億円を説明できない使途に用いたから、小沢氏側に渡したとウソの証言をしている」(同)という。

 とりあえず特捜部の事情聴取に応じることにした小沢氏だが、周辺は特捜部の捜査手法を「法的に異常であり、小沢氏を何としてもつぶそうという政治的意図がある」(周辺)と批判しており、対決方針に変わりはないようだ。(高橋昌之)

【関連記事】
特捜に仰天“隠し玉”!? 立件視野に白熱の直接対決へ
小沢氏きょう聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する
小沢氏の形式犯論 虚偽記載は重大な犯罪だ
揺れる首相の発言 幹事長続投明言せず

発想を形に 服飾専門学校生がショップ運営(産経新聞)
政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)
「就活くたばれデモ」東京でも開催 2ちゃんとグーグルが学生をつないだ(J-CASTニュース)
「コンクリから人」不適切…土木学会など批判(読売新聞)
第81期棋聖戦 本線参加16人出そろう(産経新聞)

auでシステム障害、店頭手続きがストップ(読売新聞)

 KDDIの携帯電話auの業務システムで25日深夜に障害が発生し、26日午前から、店頭での新規加入の申し込みや解約などの各種手続きの多くができない状態となった。

 午後3時に復旧したが、手続き業務の大半が停止する大規模なトラブルは初めてといい、同社で原因を調べている。

 店頭では、機種変更の申し込みや故障・修理の受け付け、料金支払いなども含め、受け付け業務の大半が処理できなくなった。コールセンターや携帯電話のインターネット「EZweb」を通じて行う手続きの一部もストップした。電話やメールなどの通信に支障はなかった。

 KDDIは一部の手続きについて、利用者からの申し込みを預かった上で、復旧後に事後処理する対応をとったという。

<医療事故>誤って降圧剤など投与 男性患者死亡 愛媛で(毎日新聞)
すぐには国民は納得しない=小沢氏の聴取で−前原国交相(時事通信)
<社民党>普天間、現行案なら連立離脱 福島党首改めて示唆(毎日新聞)
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
女性用靴下専門ドロ逮捕 300足押収(産経新聞)

<名古屋市長>給与800万円案、曲げずに議会提出へ(毎日新聞)

 名古屋市特別職報酬等審議会は22日、市長の給与を年800万円に制度化する河村たかし市長の諮問に対し、「同意できない」と答申した。答申は一方で「広範な議論が期待される」とも記しており、市長は記者団に対し「議会で議論してくれということ」と述べ、市議会2月定例会に諮問どおりの内容の条例改正案を提出する方針を明らかにした。本来、市長には給与として年間2700万円が支給される。河村市長は公約に基づき自身の給与を800万円に引き下げたが、これは河村市長の任期に限った特例扱い。河村市長は昨年12月、特例から恒久的な制度に変更するよう同審議会に諮問していた。

 答申は「次の市長へ政治理念の押しつけになる」などの意見を列挙し審議会の考え方とは異なると指摘。議会からも「優秀な人が市長にならなくなる」(服部将也・民主市議団政審会長)、「次の市長の話なので、任期満了までに議論を深めるべきだ」(共産・山口清明市議)など否定的な意見が相次いでいる。【丸山進】

【関連ニュース
名古屋市長:「がん施設」建設へ…損害賠償金無視できず
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
今年の漢字:名古屋の河村市長は「挑」…「芋」改め
名古屋市議会:委員会で減税修正案を可決 河村市長は反発
河村たかし名古屋市長:指定都市会長選に立候補

経営規模3分の2に=借金減らし、リストラ加速−日航再生計画(時事通信)
名実逆転のデフレ続く=10年度経済見通しを閣議決定(時事通信)
<人事>人事院(18日)(毎日新聞)
20km以上?引きずり死亡、運転の左官工逮捕(読売新聞)
首相「不起訴望む」発言、民主党内にも波紋(読売新聞)

官房長官の感覚おかしい=自民・浜田氏(時事通信)

弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑−愛知県警(時事通信)

 無許可で性的不能治療薬バイアグラの模造薬を販売したとして、愛知県警生活経済課などは18日、薬事法違反などの容疑で、愛知県甚目寺町甚目寺、指定暴力団山口組弘道会系組幹部西川和光容疑者(49)を逮捕し、所属する名古屋市中村区の暴力団事務所などを家宅捜索した。同課によると、容疑について黙秘しているという。
 逮捕容疑は昨年6月、名古屋市の男性(62)に、バイアグラの模造薬5錠を計6000円で販売。同年10月には、愛知県内の別の男性(54)に同模造薬10錠を計1万2000円で販売した疑い。
 同課によると、販売された偽バイアグラは、「シルデナフィル」という医薬成分が規定量を超えて入っていた。同成分を多量に摂取すると死亡する可能性もあるが、これまでのところ、健康被害の報告はないという。 

【関連ニュース
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕
未承認ピルを無許可で保管=販売目的、比国籍の女と夫逮捕
無許可で医療機器販売=容疑で実質経営者逮捕
コンビニ強盗、おでん食べ居座る=「通報すればいい」と店員に
山本死刑囚が病死=組長ら5人射殺

鳩山首相「推移見守りたい」(産経新聞)
<渋谷暴動事件>29年ぶりに控訴審再開か(毎日新聞)
少年らの氏名、HPに誤掲載=万引きで摘発49人分−愛媛県警(時事通信)
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封(産経新聞)
大寒 全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録(毎日新聞)

石川容疑者、帝国ホテルから任意同行し逮捕 どこまで「親分」に迫れるか(産経新聞)

 「やましいところはない。(聴取では)私の知る限りのことについて述べてきた」。民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で15日に逮捕された民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)。小沢氏側近議員は事件についてこう否定し続けた。まるで「親分」を守るかのような発言を繰り返してきたが、小沢氏本人の“影”も同事件では随所にうかがえる。東京地検特捜部は事件の本質にどこまで迫ることができるか。

 この日午後、特捜部による任意聴取がなかった石川容疑者は東京都千代田区の帝国ホテルにいた。夜になって急遽(きゆうきよ)、特捜部検事らが同ホテルを訪れ、石川容疑者に任意同行を求めた。「がんばります」。石川容疑者が周辺に決意表明した矢先の任意同行、逮捕だった。

 関係者によると、石川容疑者はこれまでの3回にわたる特捜部の聴取に対し、不記載そのものは認めていた。しかし、「故意ではない」「ミスだった」「立候補した衆院選の準備で忙しく記載を忘れていた」などと、犯意は否定してきたとされる。

 急転直下ともいえる逮捕劇。その背景には、石川容疑者らが昨年3月の西松建設をめぐる違法献金事件で、陸山会などへの特捜部の捜索前後に事件関係の書類を別の場所に運び出すなど、証拠隠滅を図った疑いが浮上。強制捜査が必要と判断するに足る“前科”があった。

 一方、特捜部は今月5日、小沢氏本人に対しても参考人聴取に応じるように要請したものの、小沢氏は「多忙」を理由にこれに応じていない。報道陣の問いかけにも“だんまり”を決め込みながら、10日には名人との囲碁対局を笑顔で楽しむ姿が報じられるなど、特捜部のいらだちは募るばかりだった。

 その反動は13日の一斉捜索に現れた。国会開会間近に、政治資金規正法違反容疑で東京都港区の陸山会や小沢氏の個人事務所、大手ゼネコン「鹿島」本社などについて家宅捜索に踏み切ったのだ。政権与党の「最高権力者」といわれる現職幹事長の個人事務所を含めた異例の強制捜査だった。

 土地購入の原資、不自然な資金移動…。こうした疑惑に対し、あいまいな供述を繰り返す石川容疑者。ある検察幹部は「任意の聴取で十分な供述が得られないのであれば、疑惑解明には身柄を拘束して調べるしかない」と淡々と語った。

 疑惑は土地取引についての不可解な資金移動をはじめとした不正な経理処理だけにとどまらず、東北の公共事業で「天の声」を出していたとされる小沢氏側へのゼネコンからの「裏献金」にも拡大している。

 石川容疑者は11日、地元・北海道帯広市の後援会の会合に参加した際、「ご心配をおかけしている」と陳謝した。その上で、土地代金の原資にゼネコンからの「裏献金」が充てられたとの疑惑については「1円たりともそんなお金をいただいて、土地購入の原資にしたことはない」と改めて否定していた。

【関連記事】
「小沢氏は説明責任果たせ」自民大島幹事長
「一大事だ」「理解できない」…小沢氏の地元・岩手は驚きと疑問
石川逮捕 「くやしい」「小沢も危ない」民主党に衝撃走る
「小沢さん、厳しいねえ」反小沢陣営からは…
石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部 

<世界遺産>政府が平泉と小笠原諸島の推薦を決定(毎日新聞)
<陸山会土地取引>小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」(毎日新聞)
関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)
<新型インフル>成人向けワクチン接種、都が18日から開始(毎日新聞)
小沢氏が聴取応諾…東京地検、夫人にも要請(読売新聞)

裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)

 中国から覚醒(かくせい)剤約2・5キロを密輸したとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた元暴力団組長、岩佐芳明被告(62)に対する裁判員裁判の判決公判が15日、大阪地裁であった。細井正弘裁判長は「社会のルールを守る意識が欠けている」として懲役11年、罰金600万円、追徴金約3110万円(求刑懲役13年、罰金700万円、追徴金約3110万円)を言い渡した。

 被告人質問で岩佐被告は、裁判員に「シノギとは、お金もうけのことです」などと暴力団の専門用語を解説。上部組織への月20万円の上納金を数カ月間滞納し、困窮していたことなどを赤裸々に告白した。

 上部組織から固く禁じられていた覚醒剤犯罪に手を出したことで組から絶縁されたとして、「厳しく教育されていたのにこんな事件を起こした。一般人の友人まで巻き込み後悔の念ばかり」とうなだれた。

 岩佐被告は、大阪地裁初の裁判員裁判で懲役10年の求刑に対し懲役5年の判決を受けた受刑者の男(57)=確定=を犯行に誘った主犯格。細井裁判長は判決で「まさに暴力団の資金源となる組織的かつ反社会的犯行」と指弾した。

【関連記事】
裁判員那覇地裁 「耳ふさぎたい部分も」 強姦致傷審理で女性裁判員
裁判員裁判2例目の一審判決支持 福岡の暴力長男刺殺事件
殺人罪の被告に無期求刑 札幌地裁の裁判員裁判
裁判員 名古屋地裁 全国初、取り調べDVDを証拠採用へ
裁判員2年目 課題克服し制度の定着を

輸入新型ワクチンを20日に初の特例承認(医療介護CBニュース)
石川容疑者らの拘置決定=東京地裁(時事通信)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
内部告発のオリンパス社員敗訴=配転命令違法と認めず−東京地裁(時事通信)
<「坂の上の雲」>英訳の計画発表 12年の出版を目指す(毎日新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。